スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    EasyRuler更新 - 3Dモデルオブジェクトの実装

    EasyRulerでは簡単な図形の表示をサポートしていますが,複雑な形状はそれらの組み合わせで作成する必要がありました.今回3Dモデルオブジェクトの実装により,外部ツールで作成したデータを読み込み,それを取り込んで表示するとこが可能となりました.

    新しくサポートされたオブジェクトは「3Dモデル」をオブジェクトノードに追加することで使用できます.
    er120908_01.png

    追加したオブジェクトを選択すると以下のようにコントロールパネルが表示されるので,「ファイル読込」ボタンで読み込むファイルを選択します.現在はDXFファイルのみのサポートですが,これから折を見て仕様がオープンなフォーマットをいくつかサポートする予定です.また,DXFフォーマットもすべてのエンティティ種別に対応しているわけではないので,ファイルによっては表示が正しくなかったりする場合があります.読込みボタンの下のリストでモデルのレイヤの表示・非表示を切り替えることが可能です.
    er120908_02.png

    今回は学校机のJIS規格の寸法を見ながらメタセコイアでざっと以下のモデルを作成し,DXFフォーマットへ書き出したものを表示してみます.
    er120908_03.png

    EasyRulerでファイルを読込んだ結果が以下の表示になります.天板をいくつかポリゴンで分割したほうが見栄えが良かったかもしれません.
    er120908_04.png

    いったん読込んだオブジェクトは,元のファイルが変更されたり削除されたりしても影響を受けません.モデルを更新したい場合は再度読み込むようにしてください.

    また,EasyRulerはモデルをワイヤフレームで表示しますし,あまり表示が高速ではないこともあって,詳細に作成されたモデルは読込んでも表示がごちゃごちゃとなってよくわからない状態になったり,表示が遅くて使い物にならなかったりする場合があります.目安としては1000ポリゴン以下のモデルを読込むようにすると良いかと思います.

    今回の機能追加で表示パフォーマンスの改良を行いました.改良・・・というか不要な処理を行っていた部分を整理しただけではありますが,通常のパースペクティブと魚眼の表示で今までよりパフォーマンスが上がっています(パノラマは今までと変わりません).

    今回作った机と椅子のモデルを読込んでざっと使ってみましたが,単なるキューブを目安に描くよりは多少やりやすい気がします.JIS規格にきちんと倣って作ったモデルではないので変なところはありますが,サンプルデータとしてアーカイブに含めてありますので,DXFファイルが手元にないがとりあえず表示してみたい場合は利用してみてください.メタセコイアが出力するDXFファイルは基本的なエンティティ種別だけが使われているので,EasyRulerの現在の実装と相性が大変良いです.今のところはEasyRulerで使用するDXFファイルの作成はメタセコイア推奨とします.
    er120908_05.png
    スポンサーサイト

    テーマ : ソフトウェア開発
    ジャンル : コンピュータ

    tag : EasyRuler ツール パースペクティブ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    eikun

    Author:eikun
    なかなかやるきがでない人です

    えいくんち

    twitter

    pixiv

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。